top of page

Googleビジネスプロフィール:採用活動における効果的なツール


Googleビジネスプロフィール:採用活動における効果的なツール

Googleビジネスプロフィールは、店舗ビジネスにおいて必須の施策として認識され、急速に普及しているサービスです。一般的にはBtoCのサービスに関連するものと考えられがちですが、実は採用活動においても重要な要素となっています。

採用活動においては、Googleビジネスプロフィールがどのような効果をもたらすのかを理解することが重要です。

 

GOOGLEビジネスプロフィールとは?


Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)は、Googleが提供する無料のサービスであり、企業や店舗のオンラインプレゼンスを強化するためのツールです。


Googleビジネスプロフィール


このプロフィールを作成すると、企業や店舗の基本情報(住所、電話番号、営業時間など)がGoogleの検索結果やGoogleマップ上に表示されるようになります。また、写真やレビュー、口コミなども表示され、ユーザーが企業や店舗に関する情報を簡単に確認できるようになります。


Googleビジネスプロフィールを持つことで、以下のようなメリットがあります:


オンラインの集客と可視性の向上

ビジネスプロフィールが表示されることで、ユーザーは簡単に企業や店舗の情報を見つけることができます。これにより、新規の顧客や訪問者を獲得し、集客を増やすことができます。


レビューや評価の管理

ビジネスプロフィール上には、ユーザーからのレビューや評価が表示されます。これにより、顧客の意見やフィードバックを把握し、改善点を見つけることができます。


信頼性と信用性の向上

正確で詳細な情報と良質な写真を提供することで、ユーザーに対して信頼性と信用性を高めることができます。これは、企業や店舗の評判やブランドイメージの向上につながります。


企業や店舗は、このサービスを活用してオンライン上での存在感を高め、より多くのユーザーにアクセスしてもらうことが重要です。

 

口コミは予想以上に見られている


Googleビジネスプロフィールは、特徴の一つとして第三者が企業情報を更新することができます。具体的には、写真やクチコミの投稿が可能です。


例えば、飲食店の場合、訪れたユーザーが注文した商品の画像や店内の雰囲気などを投稿することが一般的です。クチコミは、店舗に関するレビューや店員のサービス、商品に関するレビューなど多岐にわたります。


下の円グラフは、クチコミの視認状況を示しており、全体の約8割がクチコミを閲覧していることが分かります。

※参考:クロス・マーケティングは、全国の18~69歳の男女を対象に「オンライン上の口コミ利用に関する実態調査」

※参考:クロス・マーケティングは、全国の18~69歳の男女を対象に「オンライン上の口コミ利用に関する実態調査」


これは、ユーザーにとって他の人の意見や評価が重要な情報源となっていることを示しています。


企業や店舗は、Googleビジネスプロフィールを活用して積極的に写真やクチコミの投稿を促し、ユーザーの関心を引きつけることが重要です。


良質な写真やポジティブなクチコミを多く集めることで、企業や店舗の信頼性や魅力を高め、SEO効果を向上させることができます。


また、ユーザーが積極的に参加し情報を提供できる環境を整えることで、顧客との関係を強化し、口コミや共感を通じてさらなる集客効果を生み出すことができます。


 

求職者にGoogleビジネスプロフィールを閲覧されて大丈夫?


では、求職者がGoogleビジネスプロフィールを閲覧するタイミングはどのようなケースが考えられるのでしょうか。求職活動においては、インターネットを活用することが一般的です。

採用サイトも多く存在し、カイシャの評判やOpenWorks、転職会議、キャリコネなどの求人クチコミサイトも利用されています。


そうした中で、Googleビジネスプロフィールのクチコミを閲覧するタイミングとしては、以下の2つのケースが考えられます。


企業情報を事前にチェックするケース 求職者は面接や企業訪問の前に、Googleビジネスプロフィールを利用して企業情報をチェックすることがあります。面接や選考に進む前に、企業の基本情報や雰囲気、口コミなどを確認することで、より具体的なイメージを持つことができます。


面接会場(企業)へのルート検索時にチェックするケース 求職者が面接会場へ向かう際に、Googleマップやルート検索を利用することがあります。この際に、面接先企業のGoogleビジネスプロフィールをチェックすることで、正確な場所や営業時間などの情報を得ることができます。


求職者にとっては、Googleビジネスプロフィールのクチコミを閲覧することで、企業に対する詳細な情報を把握し、自身の判断材料とすることができます。そのため、企業はGoogleビジネスプロフィールの情報を適切に管理し、求職者に魅力的なイメージを与えることが重要です。

 

Googleビジネスプロフィールを見て内定を断られることも!?


Googleビジネスプロフィールを目的としてアクセスする求職者は少ないかもしれませんが、ある程度質の高いユーザーが接触する可能性は高いと言えます。


一概には言えませんが、今から働こうとしている会社のサービスに関する多くのクレームがGoogleビジネスプロフィールに投稿されている場合、企業に対するイメージは低下し、結果として内定を断られるケースも考えられます。


Googleビジネスプロフィールのクチコミは、求人クチコミサイトのように会社内部の実際の情報ではなく、サービス内容や社員の対応など、外部から見たクチコミが多い傾向があります。


思いがけないところで求職者が離脱してしまうリスクを考えると、企業はGoogleビジネスプロフィールに対しても対策を講じておくべきです。求職者が情報を得る際に正確かつ魅力的な情報を提供し、クチコミの管理にも細心の注意を払うことが重要です。


これにより、求職者は企業に対するイメージをより正確に把握し、その結果として内定の受諾率を高めることができるでしょう。SEO効果を高めるためにも、Googleビジネスプロフィールを重要な施策の一つとして取り組むことが求められます。


 

最後に


今回は、Googleビジネスプロフィールが採用に与える影響について詳しく紹介しました。


採用においては、クチコミというリアルな情報が重要な判断基準の一つとなっています。その中で、Googleビジネスプロフィールは検索結果の上部に表示されるため、求職者がアクセスしやすい位置にあります。求職者がGoogleビジネスプロフィールのクチコミや第三者情報を閲覧する場合、質の高い求職者である可能性が高いと言えます。


求職者が離脱するリスクを減らすためには、Googleビジネスプロフィールに正確で魅力的な情報を掲載することが重要です。自社の魅力や特徴をアピールし、求職者の興味を引くような情報を提供しましょう。


Googleビジネスプロフィールは採用活動において貴重なツールとなり得るため、積極的に活用することをおすすめします。質の高い求職者を引きつけ、採用プロセスでの成功を支援する可能性があります。


閲覧数:56回
bottom of page